使用した明細レシート保持する必要性はあるのだろうか???結論について先にお伝えすると所持する義務は特段ないというのが答えです。保存していることによって自分自身が証跡を持っておきたいと思う際には残せばよいのだし、もしもそれらの証跡はいらないと考えるのであれば保管する必然性はないと思われます。とはいえ月に一度送付される利用履歴との照らし合わせ作業においてはこのようなレシートが不可欠なのです。明細レシートをそれまではキープしておかないとどこのショップでいつどれだけ決済したかという内容が不明になることだけではなく、誤りの他重複の確認作業すらできないので気をつける必要があります。クレカを決済した金額は明細レシートを持っていないと覚えていないはずです。できれば使用履歴が送付されてくるひと月ふた月程度の期間はなくさずに保存して頂きたい。レシート破棄方法>カードのレシート処分手段は超シンプルなのです。人に悪用されないよう、できるだけ細かく破って破棄するだけで良いのである。自家用裁断機などが利用できる場合は念のため利用しても良いでしょう。クレカの利用内容を記載するレシートであるがゆえ、クレジットカード番号など機密の情報について判別されることがふんだんに詰まっています。不必要なレシートと思わず慎重に行うべきでしょう。一方で、最近では悪用防止のため明細レシートにクレジット番号などの個人情報が表示されない場合も出てきているが、油断は禁物と考えます。