支払うべきお金があるカードの契約失効手続きにも落ち着いて≫月割り返済サービスもしくはリボ払い、キャッシングというような種類の未払金についての払い出しが依然として未完了であるというステップで無効化をしてしまうと当然の事ですがクレジットカードの解約に伴ってローン残高への一度に全て返済することを求められる状況もあり得ます(つまり返済が終了していないお金を無効化を行ってしまいたいというつもりならば一気に払ってくれなどと要求されます)。現在の台所事情に余裕が存在する状況であれば問題ないが、余裕が少ないときにこういった契約失効手続きをしてしまうのは向こう見ずすぎるに違いないとも言えるからきちんと精算が済んでからクレジットの契約失効手続きを始めるように考えた方が間違いがないと考えられます。使用取りやめをした際に果たしてどの程度手元にあるクレジットカードを利用して支払うべき金額がどれくらいかをよく把握した後で無効化を実行に移して頂きたいと思います。機能停止手数料という代物が請求されるクレジットカードもあるので注意しよう≫2010年現在、すこぶる特別な例となってはいますが一部のクレカについては契約失効手続きにかかるお金に類するものが必要になってしまう場面がある(限られたJCBカードにおいてのみ)。限定された例外的ケースと言えるためあまり考えなくともトラブルは起きないけれどもクレカを作成してからある一定の期日より前の時期において契約失効手続きしてしまうような状況に関しては解約上の必要経費などというものが求められる仕掛けが出来上がっているから解約上の必要経費を払い出したくないという意向をお持ちならば、指定された月数以上きちんと期日を全うしてから解約を実行するようにした方が良いでしょう。また安心しておくと良いのは、上述したような場合は無効化に臨んだ時にカスタマーセンターの担当者の口から通知または注意がぬかりなくあるのが通例です。前もったお知らせがまだのうちに突然機能停止のための支払いが引き落とされることは考えにくいようですので、気軽に契約失効手続きを電話オペレーターに相談してみることで、あなたが手持ちのクレカに使用不可能化にかかるお金がかかるかどうかを調査してみて欲しい